2009年09月20日

Labyrinth Flaneu1 出会いの街

 境界と呼ばれる街にディアン・チャイ・シーがたどり着いたのは、朝の通勤ラッシュが一息ついた、10時の事だった。
 ラッシュが終わった物の、人の流れはおおよそ駅に向かっており、降車して逆行していくのは、大人でも大変な事であるのに、ディアンからすればさらに難しい事だった。
 ただ、ディアンに気づけば多くの人は道を譲る。浮浪者と思われる垢に汚れた顔を、拾った物らしいワンサイズ以上大きいと思われる男物のコートを羽織り、手には百年過ぎていると言われても驚かない革の鞄。ただ、小さなディアンは人波に飲み込まれ、気づかない人の方が大半だ。
 人の流れがまばらになり、人影がない一角にディアンがたどり着いた。アーケードと『桜銀座』と書かれた看板こそ商店街っぽいが、開いている店は少ない。
 桜銀座に入って、ディアンは手紙を取り出した。手紙に記された住所にあるのは雑居ビルだった。
 『消失事件』以前から存在すると思われる雑居ビルはできて百年は過ぎているだろう。その証拠に入ってみると五階建てであるのに、エレベータは存在せずに階段だけが続いている。それも建物の真ん中に螺旋階段のあるタイプだ。
 ディアンは小さく舌打ちすると、階段を登り始めた。
 五分は昇り続けたろうか。五階建て程度の建物のはずなのに階段は終わる様子を見せない。
「架空建築か」
 架空建築。器の容積に対して、それ以上の容積を持つ建物はそう呼ばれる。異質技術、一般的には魔法と呼ばれる消失事件以降にもたらされた技術の一つだ。
 ディアンはコートから羅盤と漢字のびっしりと描かれたハンカチを取り出した。
「臨・兵・闘・者・皆・陳・列・前・行」
 読み取りつつ身体を動かした。まるで、半身が自由にならないかのように見えるその歩みだったが、建物全体が震えるように足音が響く。足音はその場だけにとどまらない。波紋のように回りに広がっていき、何かにぶつかれば波を返してくる。
「ここだ」
 目的とする場所はすぐ横にあった。
「できた娘だよお前は」
 声がした。階段の横に扉が見えた。扉には『社長室』と書かれた古びたプレートがつるされている。扉を開けて中に入ると、顔をベールに覆われ、喪服に身を固めた老婆が立っていた。
「お入りとはいってないけどね」
 いかめしい顔で老婆をいう。
「失礼しましたおばさま」
 ディアンがいうと、おばは近づいて、抱擁した。
「良くきたね。迷わなかったかい?」
「特には」
「てっきりまだ子供のあんただから、都会の楽しそうなものにひかれて、遅くなると思っていたよ」
「捜し物をしている時はそれ以外のものは見ないようにしています」
「それもいいかもしれないね」
 おばは小さく笑った。優しそうな笑みだが、それにも関わらずディアンは緊張していた。
 おば、チャイ・ファイは、黒社会の人間だ。道教系オカルトを武器にして、のし上がってきた。一度リタイアしたが、今では境界で、十本の指に入る組織『星灯照』を掌握する大師姐だ。
「シー、境界に来た以上いくつか守って貰いたい事がある。あんたには『星灯照』を引き継いで貰う。それを自覚して、行動して貰う」
「分かってますおばさま」
「よろしい。一つめは、命を大切にすること」
「分かります」
「よろしい。あたしの亭主と子供達は、それが分からずに、亡くなった。あんな思いはたくさんだからね」
「はい」
「二つ目はシックスに逆らわない事」
「シックス?」
「境界の大立者だよ。」

 おば、チャイ・ファイのリタイアの理由。伴侶であった男と、七歳になる娘を、消失事件で亡くした事だ。投機を生業としていたチャイ・ファイの伴侶であった日本人岡田輝男はとある仕手戦で勝利した。それによって大損害を被った黒社会の組織『栄華』は岡田一家を襲った。チャイ・ファイと娘は連れ去られた。それから数年、チャイ・ファイは娘を人質に苦界に身を沈めた。しかし、『栄華』が黒社会の争いでつぶれた時、娘がさらわれて直ぐに解体され、売買されたのを知った。亭主の岡田は、生きたまま海に沈められ、既にこの世に無かった。
 生きる気力を失い、彷徨ったところで、落ち着いたのが売春窟だった。そこで自分の悲劇がありきたりであるのを知ったチャイ・ファイは、『星灯照』を立ち上げた。
 亡き夫から得ていたスキルと、苦界での経験、そして家伝のオカルトが武器になった。そして数十年を生き、自分の跡継ぎが欲しくなった。
 だが、それは簡単な事ではなかった。かつて一つの国であった大陸は、分断され、人民軍を中核とした軍閥が争う、乱世となっていた。二十世紀初期のようにあからさまな植民地政策をとる国はなかったが、一匹の竜がいるより、蛇が多数いた方がよいというのが、世界の流れだった。その流れの中で、一族は散り散りになっており、見つけ出すのに数年がかかった。
 見つけされたのは小さな女の子。名前をディアン・チャイ・シーといった。
 ディアンはおばの家に落ち着いた。おばの家は、サラリーマンが住みそうな高くもなければ安くもないといった一般的なマンションの二階だった。その一室で、ディアンは『星灯照』の仕事をする事になった。
 仕事は、みかじめ料集めだ。『星灯照』へ、みかじめ料を納めるのは基本的に女性が店主の店ばかりだ。月々のみかじめ料も他の組織に比べれば随分と割安らしい。それもそのはずだ。人件費というのは、全ての仕事において、支出の多くを含む。それがほとんど半分以下なのだから当然といえる。
 ディアンは中華料理店「世界」に来ていた。中華料理こそ世界の中心という意味で名付けられたという、中華主義な店名だか、街に何件もあるような小さな中華料理店だ。
 店の中には数人の客がいる。その中を通り抜けて、キッチンにいる店主に声をかけた。線の細い年配の女性で、中華料理特有の火力のために、自分のうるおいまで飛ばされてしまったように見える女だ。
「ディアンちゃんがきてくれてから、随分とやりやすくなったわよ。前の人たちは、物静かで悪い人たちじゃないんですけど、どこかね」
「それより肉まんもらえるかな。お腹へっちまって力が出ないんだよ」
「ああ、ちょっと待っててね」
「悪いね」
 頭を下げて、長い年月の為歪んできているカウンターに寄りかかって外を見た。
「ところで、最近、何かおもしろい話はないかい?」
「おもしろいっていうのはなんだい?」
「シックス」
「はい、これ肉まんね。じゃあ、そろそろ稼ぎ時なんでね悪いけど」
 ディアンは肉まんを押しつけられ外に出た。
「みんな似たような反応するな」
 境界にきてから訪ねるシックスの事は同じような反応ばかりが返ってくる。名を呼べば、何か禍に巻き込まれるかもしれないようにだ。
 それでもいくつか分かった事があった。
 シックスは、6を示しているという。それは悪魔の数だ。神なきこの地では悪魔は神の異称ともいえる。つまりこの境界の神の如き男、それがシックスだという。神の名を妄りに呼べば災いを受ける。シックスの話を聞けないのはそういう類のジンクスだ。
 ディアンはまだ暖かな肉まんを食べ始めた。もっちりとした皮と、みっしりと入った豚肉がおいしかった。そのおいしさを味わいながらもぐもぐと口の中で味を楽しんだ。
 ディアンは十分あまりで食べた終えた。
「食べ終わったし、そろそろいいよ」
 ディアンは物陰に向かい言った。
 姿を見せたのは、大柄な中年の男だった。顔はサングラスをかけているせいかよく分からない。仕立てのいいスーツに身を包んでいるが、そのスーツが拘束具のように思える。身体の中から充溢した気が伝わってくるせいだ。この男の本質は鍛え抜かれた肉体だけではないのだ。
 ディアンは男と距離をとった。これだけ目の前にすれば威圧される存在なのにも関わらず、感じた気配はほんの少しだ。
 それだけで勝てないのが分かる。気配の制御、この体躯。今すべきは、逃走路の確保だ。
「悪くない判断だ。勝てないと分かればすぐさま逃走に入る」
「逃げるだなんて、ご用はなんです兄さん?」
 自分が小娘である。それを前面に押し出して、愛想良くディアンは笑みを浮かべた。
「最近、シックスを嗅ぎ回る、命知らずのネズミがいると聞いて顔を見に来た」
「嗅ぎ回るだなんて」
 この男はシックスのエージェントかもしれない。それなら、この言動も納得できる。
「外から来た人間なら、気になると思いませんか? まず境界にきて、危険だから近づくなっていわれる謎の存在。興味をもって当たり前じゃないですか」
「普通はその過程で止めるものだ。ここで『シックスは何者であるか?』と、問い続ければ明に、暗に、タブーなのを知るからな」
「鈍いみたいで、あたし」
「そうか鈍いか」
 男がいった瞬間、ディアンは反射的に後ろに飛んでいた。何も来ることはない。男も動かない。ただ、男の中で何かが変わったのを感じたのだ。それは刀の柄に手をかけたり、銃の安全装置を解除したり、そういったものだ。
 男は笑った。人の良さそうな、楽しげな笑みだった。
「十分な鋭さだ。その鋭さがあれば境界でも生きていけるだろう。そうそう、俺は竜門」
「『星灯照』のディアン」
「ディアン。電か。また会おうディアン」
 竜門は背中を向けて歩き始めた。

「今日はどうだった?」
「いつも通りだよ。割合に平和、みんなよくしてくれるし」
「そうかい」
 ディアンは立ち上がった。
「どうしたんだい?」
「ん。ちょっとね」
 マンションの屋上に上がった。ペットヤードになっている屋上だが、夕飯時のせいか誰の姿もない。
 ディアンは身構えた。仮想の敵は昼間の男、竜門だ。
 自身の主に使う五行掌法は柔の武術だ。恐らく竜門の使うのは剛の武術だろう。同じ力量の相手なら、剛柔ぶつかれば千日手になる。
 武功という点では、竜門は遙か上を行く。ディアン程度の柔では、薄紙を水が抜けるように突き破るだろう。
「あれをやってみるか」
 ディアンは手を軽く振った。試作中の武術。自分の持つシンボル(魔術要素)と掌法の混合。それを使えば少しは戦えるはずだ。しかし、それを使う隙を竜門は与えてくれるだろうか。魔術を発動するのは少しばかり間がいる。その少しばかりの間を竜門の手数から逃れることはできないだろう。
「天地人のうち、人で無理なら、天と地だよね」
 つまりは策謀となる。自分に有利で相手により不利な状況を作れば、差を取り戻せるということだ。
「お前はまだまだ」
「でも本当に必要なのは敵に回さない事だよ。勝てない相手なんだからね」
「おばさん、聞いてたの?」
 ディアンは驚いて振り返った。
「今日会ったんでしょ竜門に」
「しってるの?」
「あんたはまだ修行中。お前は、まだ試されているんだよ」
「人が悪いな」
 おばは笑い、そのまま真顔になった。
「もう私は、家族を無くすのはたくさんなの」
posted by 相会一 at 19:41| Comment(0) | After Babel 迷宮の遊歩者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

Labyrinth Flaneu2 偽りの揺籃

「もう終わりだな」
 街の見回りを終えたディアンは帰路についていた。今日もこれといって縄張りを侵すものはないようだった。
 最後に中華料理店「世界」で、肉まんを食べて帰ろうとしと向きを変えた。
 「世界」は混乱の最中だった。
「どうしたの」
 放り出されたのか道で呆然と壊れ始める店主に近づく。
「あいつらひどいんだ」
 あいつらを見た。冒険者だった。
 冒険者、彼らはどこかの異界から来訪し、自らの正義を掲げ、理解できないものを敵として、葬り消えていく。捕らえて、全てを吐き出したところ分かったのは、彼らは自分の所属している世界では英雄であるということだ。
「あんた達」
 ディアンは声をかけた。暗がりから現れたのは道服に身を固めた死者たちだ。僵尸。キョンシーと呼ばれるそれを中心としたのが、女性で構成される『星灯照』に不足しがちな武力を維持しするものだ。
「おい、お前、ここは」
 ディアンが声をかけると冒険者は剣を構えながらこっちを見てきた。
「死者を操る邪悪なものよ。お前がこの地を侵す事で、どれだけ人々に迷惑がかかるかわからないのか」
「迷惑だ。そうして店の中を荒らす方が余程迷惑だろ」
「旅の為にはこうした店の中を探すのは大切な事だ」
「やっちゃって」
 僵尸が一斉に襲いかかる。
「半殺し程度でね」
 僵尸の死んだ肉体は、普通の筋力が生きている間にかけているリミッターをあっさり解除する。故に人間以上の筋力を持っている為、早さも力も数倍だ。まして『星灯照』の僵尸は、道服に施した魔術を始め、メンテナンスを施してあり、通常のゾンビなどとは違い、腐敗に縁はない。
 僵尸が動きを止めた。身体が動きを止めて、実体を維持できないように細かくなって崩れ始める。
「破ったのか」
 魔術は万能ではない。同質の強い魔術は無論、異質の力でも打ち破られる時がある。今回は、異質。僵尸を操る跳屍送尸術の系統は、どうしても陰の魔術。陽を身に纏うものなら打ち破れても難しくはない。
「邪悪な魔術師など何人も正してきた」
 冒険者は叫んだ。その光り輝く剣。そして身にまとった雰囲気は確かにヒーローだ。ただの冒険者ではない。勇者と呼ばれる冒険者の中でもスペシャルな存在だ。
「そうかい!! 残念だけどあたしは魔術師じゃないんで」
 ディアンは飛び込んだ。剣が振り落とされる。早さを下げ、剣を眼前で振り落とさせ躱す。身体の小ささを利用して、懐に飛び込む。
 勇者の正面に潜ると、死線が見えた。それは身体に沿って見える一直線の急所。頭頂、鼻、頤、喉、胸、鳩尾、性器。
 ディアンの拳が鳩尾に向かい突き出される。
「該死!」
 拳が弾かれていた。
 それだけではない。ディアンの拳は凍り付いていた。それはじわじわと全身に広がっていく。いや、氷ではなかった。それは結晶だ。徐々に拳の回りが硬質化していく。
「くう」
 ディアンは一気に下がった。それまでいたところを剣が振り抜けていく。
「よく躱した。しかし、その手を包むのは邪なるものを封じる神の力だ。既にお前の命運はつきた。降伏するがいい」
「誰がするか」
「そうか」
 勇者は剣を振った。躱した。そう思った瞬間、結晶化した手がひっかかった。
「く」
 無理矢理に腰をねじって、回るようにして下がる。直撃は避けたが脇腹に鈍い痛みがある。 
 ディアンは口の中の血を吐き出した。鉄気を帯びた味は、自分自身が一振りの刃であるのを思い出させる。
「なかなか持つな」
 こうした言葉を何度聞いただろう。
「あたしは、ここのシマを預かる『星灯照』のディアンだ」
 ディアンは足下の石を握りしめながら立ち上がった。
 勇者が切りかかる。ディアンの指が音を立てた。
 指によって弾かれた石が剣を弾き飛ばす。胸を、足を、腕をうつ。跳ね返って転がった石を見ながら、ディアンは飛び込む。
 勇者の額にディアンの手が迫っていた。
 飛び上がり、勇者の額に指を添える。
 それはただのデコピンに見えた。だから勇者はそれほどの警戒はしなかった。
「弾指神通」
 勇者の身体が崩れる。弾いた石に、手をしびれさせ、剣を弾くほどの威力を与える武功を積んだ指だ。それも当然だ。
 崩れ落ちる勇者を見ながらディアンは荒い息を吐いた。骨にヒビくらい入っているかもしれないが、この程度で倒せたのならよしととしなくてはならないだろう。
「おばちゃん、大丈夫」
「ディアンちゃんこそ大丈夫かい?」
「店の片付け手伝うよ」
 ディアンがそういって背を向けた時、勇者は立ち上がった。
 ディアンは息を吐いた。
「貴様、シックスの一味か」
 正義の味方を標榜する勇者なら、この境界は悪の街であり、最後の目標はシックスだろう。
「どうかな」
 ディアンは構え直した。さっきので結晶化の範囲は予想がついている。それを警戒して距離を置いた。
 だが、今までとは違った。勇者の回りで結晶が育ち始めている。
「おばさん下がって」
 結晶の輝きは澄んでいて、美しい。だが、それは全てを拒絶する光だ。
 手に拾った石で、弾指神通は放つ。結晶を砕いていくが、それよりも結晶化の方が早い。そして結晶は収束し、巨大な剣と化している。
「受けろ」
 剣は突き出された。躱せば背後の店が巻き込まれる。
 真っ向勝負。

 失敗した。
 思いがけぬ剣の一撃だった。ディアンは宙に舞う、自分を感じた。車にでもひかれような衝撃が身体を襲ったのが分かった。
 静かに風景が流れていく。世界がゆっくりと進む中で、ディアンは足下を過ぎていく勇者を見ていた。
 剣は『世界』を破壊しつくしていた。勿論、中華料理店の方だ。
 勇者は会心の表情を浮かべている。結晶化した剣ではなく、その余力のみで弾き飛ばされたのだろう。だからこそこうして考えていられるのだ。
 一撃をまともに受ければ、自分はこうして思考している間もなく、死んでいるだろう。
 しかし、自分が見ているものは何なのだろう。もう落ちているはずなのにこうして宙にいる自分は。
「あなたはだいじょうぶです」
 優しい声だった。声と共に身体にゆっくりと力が戻ってくる。
「帰りなさい」
 ディアンは地面に降り立った。一体どうしたのか分からないが、しっかり二本の足で立っている。そして目の前には勇者だ。
 今まで使った技では勇者には勝てない。とすれば、ぶっつけ本番だか使うしかない。
 自分の持つシンボル(魔術要素)を解放する。生命力を吸って、魔術が発動する。
「封印しきれなかったのか」
 ディアンは無言のまま踏み込む。鋭い踏み込みは地面を砕いた。剣が突き出される。
「填星輪」
 地面の欠片が浮き上がったまま、輪になって剣を防いでいた。
「螢惑把」
 ディアンの両掌が一気に突き出され、勇者の身体をはじき飛ばした。だが、結晶は防御も兼ねるのか勇者の回りを包もうとする。
「無駄だよ。これはただの火じゃない」
 シンボル『五行』によって練られた三昧火は、何者も燃やし尽くす。しかし、その火は止まっていた。
「足りなかったか」
 勇者は動かない。近づいてみれば勇者は動きを止めていた。
「私の勝ちだ」
 ディアンは手を振り上げて叫んだ。

「あんた何したんだい」
 家に戻ると怒鳴られた。ディアンは少し考えて思い当たった。
「ああ、僵尸はごめんなさい。ちゃんとみんなは治すからだいじょうぶ」
 そのせいで帰ってきてからひたすら工房にこもって、作業しつづけた。
「それじゃない。いや、それもか。あんた、一体どんなのとやり合ったんだい。僵尸達は二十はいただろう」
「なんか相手が強くて。属性が聖とか光とか、あまり跳屍送尸術と相性がよくないんだよね」
「僧侶や導師かい?」
「多分、勇者だと思う。他の世界から流れ着いてきた奴で手強かったよ。ああ、しっかり『今度うちのシマでおかしなまねしたら命は無い』っていっておいたから」
 おばは盛大にため息をついた。
「そのせいかい」
「何かあったの?」
「シックスから、パーティーの招待状が届いているよ」
 おばの手に白地に赤で文字の描かれた封筒が揺れている。
「本当に」
 ディアンは飛び上がりたくなるのを必死にこらえた。あれだけ何も分からなかったシックスに会えるかもしれないチャンスだ。
「嬉しいんだね」
「すごいねわくわくするね」
「そうなのかい。あたしはそうは思わないけど」
「どうして?」
 おばは小さく笑った。哀しそうな笑みだった。
「過分な幸せはよくないものだよ」
 恐らくおばは亡くなった夫と娘の事を考えているのだ。
 ディアンはおばを抱きしめた。
「そんなことないよ。だって、おばさんの所に来られてこんなに幸せだけど、悪いこと一つもないもん
posted by 相会一 at 11:22| Comment(0) | After Babel 迷宮の遊歩者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。